吹田スタジアム内のEarth用ツアーデータを作成


Google Maps でGoogle Earthのツアー用ファイルを作成します。

これはEarth用の3Dモデルの中をツアーするKMLです。

まず先に3Dモデルを表示しておき、その中をツアー(要はウォークスルー)しようというものです。

まあ、ガンバサポの自己満Webサービスですな(^^)。

吹田スタジアム内のEarth用ツアーデータを作成

suista-tour-kml

ツアーデータを保存する場合、以下のようなモデルデータ(KMZ)を同梱したZIPファイルで保存されます。

右の3Dモデルは結構なサイズがあります。Earthで読み込む場合は心の余裕を持って臨むようにしてください(^^)。

 

suista-model

メニュです。

座席表は3層別々に表示するようになっています。

suista-menu

地図をドラッグして立ち位置()を決めて、コンパスを表示。

コンパス上をクリックして、どこを見るかの視線の方向角を設定します。

suista-compass

高度や目線の傾きを設定したら、「新規データ取得」をクリック。

これでデータが追加されていきます。

追加されたらオレンジのボタンがグレーに変わります。

オレンジの色は「データが未だ取得されてませんよ~~」という意味です。

suista-getdata

最後に「ツアー用KML作成」ボタンをクリック。

ツアー用KMLファイル(Stadium.kml)とスタジアムのモデル(Stadium.kmz)が同梱されたアーカイブファイル(Stadium.zip)がダウンロード・フォルダーに保存されます。


ZIPファイル


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*