Google Liquid Galaxy


Liquid GalaxyOpen Sourceになっていました。

liquid_galaxy2

diagram

液晶ディスプレイ2面からでも構成できるらしいですが、でも雰囲気的には最低3面はいるんじゃ…………。

図をみると、コンピューターはN/Wで結ばれいて、同期を取りながらEarthの部分々々を表示しているようです。

Open Sourceは以下からDL。

ライセンスを見るとApache 2.0だから商用利用も可…かな?Linuxベースみたいです。

GitHub

PHPのインターフェースを見ると、Earth以外にMoonやMarsもあるから月や火星にも行けるみたい。

ちなみに、Moonにも緯度・経度があって月面座標というようです。

例えば、Apollo 11でLookAtしている座標は緯度:0.6818690701373029、経度:23.46023322757257。

 

 

操作は3Dジョイスティックで行ってます。

 

現状多面ディスプレイで表示してますが、そろそろヘッドマウントディスプレイ(HD)版が出るんじゃないでしょうか?


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*