さくらインターネットにezdxfをインストールしてみる


Google VR ViewでCADデータを取り扱う準備です。

WebベースでDXFファイルを扱うのは結構面倒です。

DXFはテキストファイルなのでパーサーを作るのはそんなに難しくはないと思うのですが….面倒です。

R12のままなら問題ないですが、AutoCADのDXFは誕生以来アップデートを重ねて、現状は複雑怪奇です。バージョンを考慮するとなると…..パーサーの自作はやめた方がいいです。

ネット上では、そもそもDXFのパーサー自体そんなに多くはないです。

Node.js系はあるにはあるのですが、レンタルサーバーで使うのには躊躇してしまいます。

PHPのライブラリはほとんど無いですね。

探してみるとPythonはさすがに充実しています。

さくらはPythonをデフォルトで使えますし。

使えそうなのが、dxfgrabberezdxf(作者は両方とも同じ人物ですが)。

開発はezdxfの方に比重が移ったようです。

ezdxfではAutoCADのR12から2018までのデータを扱えるようです。


ezdxfって何?

単純にPythonでDXFを読むためのものです。

introductionによれば、

DXFや他のCAD用データフォーマットのコンバーターでもなければ、これで描画できるわけでもなく、ましてやCADシステムのカーネルでもありません….だそうです。

データのハンドリングはできるので、これを使ってcanvasに描画できるようにしてみます。


 

準備

さくらのPython インタプリタのバージョンは 2.7 です(2018/04/09現在)。
Python は 2.6 から、モジュールの検索順にユーザー・サイトのディレクトリというものが追加されているそうです。
その場所は次のようにして確認します。

 

さくらインターネットへはSSHでログインしておきます。

 

% python
Python 2.7.6 (default, May 21 2014, 16:52:04)
[GCC 4.2.1 20070831 patched [FreeBSD]] on freebsd9
Type “help”, “copyright”, “credits” or “license” for more information.
>>> import site
>>> site.USER_SITE
‘/home/****/.local/lib/python2.7/site-packages’

このディレクトリが存在していると、Python インタプリタはそのパスを sys.path に自動的に追加します
(ディレクトリが実際に存在していないと追加されません)。

スタンダードプラン以上であれば、SSH でログインして以下のようにユーザー・サイトのディレクトリを用意します。

% mkdir -p ~/.local/lib/python2.7/site-packages


ezdxfは事前にpyparsingを要求します。

pyparsingを導入します。

 

% wget https://sourceforge.net/projects/pyparsing/files/pyparsing/pyparsing-2.2.0/pyparsing-2.2.0.tar.gz

% tar zxvf pyparsing-2.2.0.tar.gz

% cd pyparsing-2.2.0

% python setup.py install --user

 


 

ezdxfのインストール

Githubからクローンします。

% git clone https://github.com/mozman/ezdxf.git

% cd ezdxf

% python setup.py install --user

 

描画用コード

準備中

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*