WindowsでMicroSDカードをフォーマット


MicroSDカードのフォーマットにはまずSD Card Formatterを使うのが基本形。

インストールして起動すれば、SDカードを認識してくれるので、これを使ってフォーマットします。

 

 

が、場合によってはさっぱり認識してくれないことがあります。

こういう場合はエクスプローラを開いてSDカードのディスクを右クリックしてフォーマットします。

 

 

が、場合によってはエクスプローラでもさっぱり認識してくれないこともあります。

こいう場合は次手段としてディスク管理を使います。

Windowsキー + xキー

ディスクの管理を選択

表示されるディスク一覧からSDカードを選んで右クリックして、メニュからフォーマットを選びます。

 

が、場合によってはフォーマットがグレイ表示されて選択できない場合があります。

こういう場合の次手段としてWindows Power Shellを使います。

スタートメニュからPower Shellを起動。

diskpartと入力

diskpartプロンプトを開きます。

disk list と入力して、SDカードの番号を調べます。

select disk 番号 と入力してディスクを選択

フォーマットします。

format fs = ntfs quick

 

が、ボリュームが選ばれていませんとかのメッセージが出て、フォーマットできない場合があります。

こういう場合の次手段としてWindows Power Shellとディスク管理の合わせ技を使います。

diskpartプロンプトからcleanを実行します。

次に、Windowsキー + xキー

ディスクの管理を選択

cleanを実行したことでSDカードのディスクは「未割り当て」のディスクになっていると思います。

SDカードのディスクを右クリック

ボリュームメニュから、exFatでフォーマットを実行します。

これでたいていのSDカードのフォーマットはできます。

 


ラズパイでフォーマット


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*