ラズパイ3をIoTプラットフォームにする機器構成


ラズパイ3のIoTプラットフォーム化をやってみます。

家電などの制御をしたい!わけですが、いわゆるスマート家電はまだまだ高価。

もっとお安く外出先から何とかしたいと思う。

で、家電の多くは赤外線で制御できるのでこれで何とかしたい。

でも赤外線での制御は一方通行なので、うまくできているか確認もしたい。

というわけで、こんな構成にしてみます。

 

各種データの取集なども……

こういうのを制御したい!

 

 

ラズパイの電源にはmerossのスマートプラグをはさんで使います。外出先からでもキャリア回線で制御できますし、ON・OFFの状態も確認できます。

家電の状態はカメラでモニターします。エアコンがONなのか?、ライトは点灯してる?、温度などは?

ラズパイにDHT11などのセンサーもいいけど、こういうのをカメラでモニターするのもアリ?

室内・室外の温度も表示してくれます(^^)。

 

THETAは任意です。これがあれば360度部屋の中を見渡せます。

THETA Sを立てるのに100均の三脚を使ってみます。

ダイソーのボールジョイント付き三脚です。

脚の角度や長さを調整することで、重心を三脚の中に収めることがでます。

クリップはスマホ用に幅が広いので、耐震ジェルなどで挟みます。位置を調整することで、THETAの傾きも若干ですが補正できます。

 

 


ご予算

 

merossスマートプラグ 1899円

Raspberry-pi3 model B+ 4800円
Raspberry-pi電源ケーブル 1050円
(Raspberry-pi Zero WH 1814円)
(OTG対応 microUSB変換ケーブル 418円)

学習リモコン基板 4290円
ジャンパー線 200円

Webカメラ 979円

 


13218円
(10650円)

————————
THETA S 25000円
100均三脚 200円
クリップ 100円
耐震ジェル 100円
(OTG対応 microUSB変換ケーブル 418円)

 


25400円
(25818円)

————————

電機器具専用 リモコンコンセント 1145円
照明リモコンスイッチ OCR-CRS01W 1936円

温湿度計 895円

————————

生体計測センサー

BiTalino基板 22000円位….実際はもうちょいかかります。

健康モニターだけではなく、これを使ってデバイスのジェスチャー制御もできます。

 


スマートコンセントを使って外出先から家電の電源をON・OFFしてみる

VNC Viewerで外出先からラズパイをシャットダウン

制御用のコードサンプルはこちら

IoTプラットフォームをAIで賢くしてみる


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*