Jetson NanoでQuantum GIS (QGIS)を使ってみる


Jetson Nano (ubuntu 18.04) にQGISをインストール

$sudo apt-get install qgis

$qgis

インストールされるバージョンは2.18.17です。

/etc/apt/sources.listを編集すればubuntu 18.04にQGIS 3.xをインストールできるという記事もいくつかありましたが、Jetson Nano ではできませんでした。

QGISをWindowsのリモートデスクトップから起動するとメニューバーが表示されません。

リモートデスクトップから起動する場合はVNCを使いましょう。

Jetson Nanoでリモートデスクトップを使う

 

 

ベクトルデータを読み込んでみます(rail_9kei.shp)。

東京23区の鉄道路線図です。

鉄道路線なんか見て何が面白いんだ?….とお思いの方!鉄道路線図には「物語」があります(^^)。

 

QGISでOpenStreetMapのデータを使ってみる

 


QGISはPythonのインターフェースを持っています。

メニューバー ->プラグイン->Pythonコンソール

Pythonコンソールで直接コードを実行できますし、Pythonで作成したプラグインも使えます。

これで機械学習モデルと連携できます。

ただし、使用できるPythonのバージョンは2.7.15です。

Python2系のサポート終了がアナウンスされている今日この頃.ですが3系移行も視野に入れつつやってみます。


GISと機械学習の連携はArcGISのサイトが参考になります。

まぁ、多分これだけではないと思いますが….参考までに。


Python2で使うscikit-learnをインストール

まずはpipをインストールしてから、他のライブラリーも含めてインストールします。

$sudo apt-get -y install python-pip

$sudo apt-get install build-essential python-dev python-setuptools python-numpy python-scipy libatlas-dev libatlas3gf-base

$sudo pip install scikit-learn

インストールされたscikit-learnのバージョンは0.20.4です。

他のライブラリーのバージョン

numpy 1.13.3
scipy 0.19.1

 

ただし、QGISのコンソールを使ったPython2は、QGISとのインターフェースに限定して使う方がいいかもしれません。

なんせ、fromでライブラリの関数をimportしようとしたり外部データをロードしようとするとフリーズしてしまいました。

機械学習をやる場合はUbuntuのターミナルからPython3のコンソールを開いて実行した方がいいようです。

また、中間段階で結果を可視化したい場合はJupyter-Notebookを使うとか。

で、最後に結果をQGISで使う….。

 

Scikit-Learn のチート・シートに沿って機械学習

 


GISで使えるデータセット

機械学習に使える地理のデータセットまとめ

Boston house-prices(ボストン市の住宅価格)

全米UFO目撃情報(^^)

多分これも使えるはず(?)

衛星データ(テルース)

気象データ高度利用ポータルサイト(気象庁)

 


Kaggleでデータサイエンスのお勉強

ここには地理空間分析のコースもあります(ただ、このコースをやる前にPythonとPandasのコースもやっておいてね…..だそうです)


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*