SketchUpで作った地形データを修正してみる(ガンバ吹田S編)


Google Earthに吹田スタジアムの3Dモデルを置く場合

邪魔になるのが、吹スタの航空写真です。

こんな感じで、屋根がはみ出します。

step6

建物の3D表示にチェックを入れるとこのモードでは更地当時の頃の地形図を持ってくるので、エキスポシティも表示されません。

こういう場合は考えられる方法は2つ。

1:新スタの領域を塗りつぶした画像をグラウンドオーバーレイして、新スタを隠す
2:Earthで地形を切り出して、KMZファイルを作り、KMZの画像で新スタの領域を塗りつぶす

1の方法でやるにはGoogleMapsなどで四隅の緯度・経度を採取し、その画像を切り出して、正確に新スタのみ隠した画像を作る必要があります。

こりゃ面倒!

2の方がシンプルなので、こちらでやってみます。


SketchUpを起動してメニュから「ジオロケーションー>場所を追加」

step1

地域を選択してグラブ

step2

ロックを解除して分解

step3

メニュからジオロケーションー>地形を表示

step4

再度分解して、これをエクスポートー>3Dモデルー>KMZで保存

step5

航空写真の画像のままだとよくわかりませんが、これをペイントで単色で塗りつぶすと、勾配や凹凸の具合がよくわかります。

step5-1

保存したKMZファイルからkmlファイルとpng画像を取り出します。

拡張子をkmzからzipに変更して解凍。直下のdoc.kmlとmodels/untitleフォルダーの中のtexture.pngを取り出します。

texture.pngを修正します。

org_texture

texture

高度がそのままだと元の航空写真とかぶってしまうので、doc.kmlの中のモデルのAltitudeを1mほど上げてみます。

texture.pngとdoc.kmlを元に戻して、zipをkmzにします。

Earthでkmzを再度表示。

地形モデルが元のオーバーレイ画像をカバーしているので屋根の画像は見えません。

こんな感じになります。

step7

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

お問合せ内容

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*