Google VR Viewホットスポットに置いた立体を動かしてみる


Google VR View ホットスポットに立体を表示の続編です

パノラマはコリンチャンスのスタジアム(Arena Corinthians)です。


ホットスポットに置いた立体(サッカーボール)をあれこれいじってみます。

 

 

コントロールします

X、Y、Zはボールの軸周りの回転です。値は0~360。

dx、dy、dzはボールの動く方向。

dxはゴールライン方向、dzはタッチライン方向。

値はそれぞれピッチの長さを基にして、

-34 < dx <34、-52.5 < dz < 52.5、-2 < dy < 10

 実際はこれらの値はパノラマ画像のVR空間に合わせて調整する必要があります。実空間の長さに合うように係数をかけてやるとか….。

 

scaleはボールの拡大・縮小、1~5。

「マッピングパターン」はボールのデザインを入れ替えます。

パターンはこのページ参照 (過去のW杯の公式球のモデルです)。

 

PitchとYawについてはこのページ参照

 


コードサンプル

(コードに関してはこのページとかこの辺のページとかをご参照ください)

【embed.js】

軸周りの回転

HotspotRenderer.prototype.rotate = function(axis,angle) {
var hotspot = this.hotspots[‘spot1’];
var outer = hotspot.getObjectByName(‘outer’);
if(axis == “x”){
outer.rotation.x = angle;
}else if(axis == “y”){
outer.rotation.y = angle;
}else if(axis == “z”){
outer.rotation.z = angle;
}
};

移動

HotspotRenderer.prototype.position = function(axis,position) {
var hotspot = this.hotspots[‘spot1’];
if(axis == “x”){
hotspot.position.x = -position;
}else if(axis == “y”){
hotspot.position.y = -position;
}else if(axis == “z”){
hotspot.position.z = -position;
}

};

スケール

HotspotRenderer.prototype.scaling = function(axis,scale) {
var hotspot = this.hotspots[‘spot1’];
if(axis == “x”){
hotspot.scale.x = scale;
}else if(axis == “y”){
hotspot.scale.y = scale;
}else if(axis == “z”){
hotspot.scale.z = scale;
}
//この係数についてはまた後ほど説明します
if(scale == 1){
scale_coeff = 0.5;
}else{
scale_coeff = scale;
}
};

マッピングパターンの入れ替え

HotspotRenderer.prototype.media = function(name) {
var hotspot = this.hotspots[‘spot1’];
var outer = hotspot.getObjectByName(‘outer’);

try{

var loader = new THREE.TextureLoader();
var path = ‘http://wisteriahill.sakura.ne.jp/Panorama/VRVIEW/hotspot_sample/images/’ + name;
var texture = loader.load (path);

outer.material.map = texture;

}catch(e){}

};

 


Next

ミクさんを動かしてみます(^^)。


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*