ラズパイの図面画像を実寸サイズで印刷


ラズパイのケース(のようなもの)を作ってみるわけですが…..。

ネット上にはラズパイのSTLファイルなんかが転がっていますが、簡単なケースというか天板のようなものを作るだけに3Dプリンターはちょっと…。

硬質塩ビを切って穴をあけるだけなんですが!

でも、これ、やってみると結構失敗します。

どこで失敗するかというと「穴あけ」。

きちんと寸法をとって線を引き、穴の位置決めをしたつもりなのに…「ずれている」。

何回やっても….ずれている。これはもうあきらめた方がいいんじゃないか….と思い始めた時ハタと思い付きました。

「トレーシングペーパーに実寸の図面を印刷して、塩ビ板の上に固定して、その上から穴をあければいいんじゃない?」

 

こんな感じ。

100均ダイソーのミニルーターで十分(800円ですけど)。

 

問題はネット上の図面の画像は実寸じゃないってこと。

こんな図面。

この画像では穴の間隔は実寸より大きいです。

これを実寸(穴の中心の間隔が正しく58mm x 49mm)に縮小します。

フリーのCADソフト、JW_CADを使ってみます。

図面画像をBMP形式で保存しておきます。

 

58mm x 49mmの実寸矩形を描画。

真ん中辺に描画

 

画像編集を選択

画像挿入でBMP画像を読み込みます。

 

 

適当なところでクリックしてそこに描画します。

図面画像は横幅100mmです。

穴の四隅で左下点->右上点を右クリック

実数矩形で、左上点->右下点でクリックして実寸に合わせます。

 

画像は縮小(拡大)されて再描画されます。

これを印刷。

 

 


サンプル


 

 

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*