ラズパイ4 Model B 4GB にUbuntu 18.04.5 LTS をセットアップ


Ubuntu 18.04.4 LTS はRaspberry Pi 2,3,4で稼働するServer版です。

最新版は2020/06/22現在20.04LTSですが今回は事情により18.04LTSにしています。

Server版のイメージはラズパイ4なら64bitを選びましょう。
ubuntu-18.04.4-preinstalled-server-arm64+raspi3.img.xz

:上記のサイトではUbuntuの最新版が表示されています。もはや18.04バージョンはありません。

18.04.5 LTS Server は以下のサイトからダウンロードできます。

Ubuntu WikiUbuntu Wiki (Raspberry Pi)

arm64の項から18.04.5 LTSをダウンロードしてください。

 

MicroSDは使用目的に応じて16GBか64GBくらいを用意します。

上記からダウンロードしたイメージは.xz形式なので7-zipなどで展開します

balenaEtcherなどでMicroSDに焼いてラズパイにセット。

ラズパイ4は消費電力が大きいので専用の電源ケーブルを用意します(秋月電子で900円くらい)。

初期ではWi-Fiは使えないのでイーサネットケーブルを接続してラズパイを起動します。

最後にDesktop環境も構築しますが、結構お時間かかります。


まずは、IPアドレスを調べます。
Net Enumなどでそれらしきアドレスを探します。

IPアドレスが分かったら、Tera TermなどのSSHで接続します。

「どうも192.168.0.32がそれらしい」ということでやっていきます。

最初は以下のユーザー名とパスワードを使ってログインします。
login: ubuntu、password: ubuntu

途中でパスワード変更を聞いてくるので新しいパスワードを設定。
最初に聞いてくるのはcurrentパスワードなのでubuntuです。
その後、新規のパスワードを2回入力。

SSHは一度接続が切れます、再度接続して新しいパスワードでログイン。

 

 


新規にユーザーを作成する場合(例:tileserver)

tileserverでログイン。

以下の設定はこのtileserverというユーザーで行っていきます。

 

 


アップデート・アップグレード

ロックがかかっていてアップグレードできない場合

sudo rm /var/lib/apt/lists/lock
sudo rm /var/cache/apt/archives/lock
sudo rm /var/lib/dpkg/lock*

再度
sudo apt upgrade


swap領域をファイルで確保

4~6GBほどを確保します。

 


samba設定

インストール
sudo apt install samba

Publicという共有ディレクトリを作っておきます。
mkdir /home/tileserver/Public

sudo chmod 777 /home/tileserver/Public

構成ファイルを開きます。
sudo nano /etc/samba/smb.conf

以下を追記して保存

パスワードを設定してサーバー起動


Wi-Fiや固定IPの設定

Ubuntu Server版の場合は以下の設定でOK。

ディレクトリ移動

オリジナルを改名しておきます。

gateway確認

nameservers(DNS)確認

新規作成

固定IPを192.168.0.32にするとした場合、以下を追記して保存

Wi-Fi設定
Wi-Fiの情報は各自でご確認ください。
XXXXXXX <- Wi-FiのSSID
YYYYYYY <- Wi-FiのPASS

インデントはスペースのみ有効、タブはエラーになります。

コロンの後ろは1スペース開けないといけないようです。

SSH接続の場合は、ここで1回切断されます(異なるIPアドレスの場合)。

再度、設定した固定IPでログインしてください。

 


日本語が使えるかチェック(ロケール)

以下のコマンドを叩きます。

ja_JPが無ければセットする

warningが出ますが気にしない。

以下の2つにチェック(*)があることを確認
en_US.UTF-8
ja_JP.UTF-8

OKする

デフォルトロケールはja_JP.UTF-8


タイムゾーン

時刻設定

 


デスクトップ環境

インストール

約1時間半ほどかかりました。

再起動


このように構成したMicroSDは、当然ながらラズパイ3ModelB/B+でも実行可能です。

ただし、3は1GBのメモリしかサポートされないので64bitの利点は限られます。

2を使う場合は32bitのイメージを使います、高速性は得られません。

ZeroはCPUアーキテクチャがそもそも異なるので無理だと思います。

以上


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*