複数PC間でキーボード・マウスをソフト的に共有してみる-Barrier(メモ)


ハードで共有する手段はいくつかありますし、ソフトでもSynergyやInputDirector、Mouse Without Bordersなどが有名ですね。

ただソフトで対応する場合、OSが異なっているのを横断的に使うとなると限られてきます。

ここでは、こんな条件で共有してみます。

Windows 10 (64bit)

Jetson Nano(Jetcard/Ubuntu

Raspberry Pi 4B(Raspbian/Debian

 

 

Windows 10(64bit)と Debian・Ubuntuの間で共有できるものとして「Barrier」がありました。

Synergyからフォークされたものだそうです。

ただしBarrierは32bit版Windowsでは使えません、この場合はInputDirectorやMouse Without Bordersを使います。BarrierとInputDirectorなどは運用でカバーすれば共存できます。

 

目次

Windows(サーバー)インストール

ラズパイ(クライアント)インストール

Jetson(クライアント)インストール

サーバー設定

自動起動設定

 


Windows 10 (64bit)をサーバーにします。

インストール

Windows側

Githubで、BarrierSetup-2.3.3-release.exeをダウンロードしてインストール

サーバー設定でインストールします。

インストーラを起動します。

言語は日本語

サーバーにチェック

MacじゃないのでBonjouは使いません。

 

SSLは解除しておきます。

 

 

設定が終わったら、サーバーとして起動します。

TOP

 


ラズパイ(Debian)側

sudo apt install barrier -y でもインストールできるようですが、ここではソースからビルドしてみます。

 

 

 

 

ラズパイを再起動すれば

アクセサリから起動できますし、ターミナルからならbarrierで起動可。

設定します。

言語は日本語。

クライアント側にチェックを入れて終了。

Barrierの画面が開いたらサーバーと同様に「Change Settings」します。

SSLを解除しておきます。

Auto Configを解除して、サーバー側のIPアドレスをセットして開始します。

IPアドレスを入力後、Auto Configにチェックを入れておきます。

TOP

 


Jetson(Ubuntu)側

Ubuntuのaptリポジトリにはありません。インストールはflatpakで行います。

flatpakの場合、常に最新版が使用でき,バージョンの統一が容易だそうですのでこれを使ってみます。

PPAを追加 します。

必要なパッケージをインストール

Flathubのパッケージがあるリポジトリを追加

再起動

softwareでbarrierを探してインストールします。

source:dl.flathub.orgと記述されているのが対象です。

「install」ー>「launch」を実行

ラズパイの時と同様に

「日本語」ー>「Client」でFinishします。

 

「Change Settings」のwindowを開きますが、メニュを右クリックしても項目が見当たらない場合はF4キーを押してみてください。

設定が開いたら「Enable SSL」のチェックを外してOKをクリック。

「Auto config」のチェックを外して、サーバーのIPアドレスを入力

「Auto config」にチェックを入れて、開始します。

 

 

Barrierの再起動

2GB版のイメージの場合、デスクトップが異なります(軽量なLXEDが使われています)。

設定ー>Sotware->Barrierを検索してLaunchを実行

 

 

サーバーIPの情報などはBarrier.confのデータから再読み込みされます。Barrierを再起動した時に何も表示されていない場合は、Barrier.confが保存されていない可能性があります。

以下をダウンロードしてサーバー・クライアントのスクリーン名を書き換えてユーザーディレクトリに置いてください。Barrier起動時に読み込まれてIPアドレスなどがセットされます。

Barrier.conf

 

 

TOP

 


サーバー側での設定

クライアントがサーバーから見て、どちらにあるのかを設定します。

クライアントを設定するために、アイコンをドラッグ・ドロップします。

ダブルクリックして個別に設定

どちらの方向からクライアントに入るか決めます。

赤丸で囲った方から入ることになります。

 

 

GUIのメニュはどちらもメニュバーにアイコンが表示されていますから、ここをクリックして「開始・停止・隠す・表示する・終了する」を実行します。

 

TOP

 


自動起動

●Barrier のWindows側サーバーを自動起動させる場合はバッチファイルを作ってスタートアップに登録しておきます。

サーバー側を自動起動にする必要はほぼないとは思うのですが…….。

【barrier.bat】

フツーにインストールした場合

スタートアップフォルダーを開きます。

start 右クリック-> 「ファイル名を指定して実行」->shell:startup

バッチファイルをここに作るか、ショートカットを登録

Windowsを再起動

 

 

●Barrier のラズパイ(Debian)側クライアントを自動起動させてみます。

GUIアプリなのでautostartに設定します。

Raspbian Buster以降でのautostart設定

autostartファイルの雛形を、ホームディレクトリのコンフィグにコピーします。

~/.config/lxsession/LXDE-pi/autostartファイルに実行したいコマンド名を追記。

以下を登録

@/usr/local/bin/barrier

 

nanoを閉じて、ラズパイ再起動

 

 

●Barrier のJetson(Ubuntu)側クライアントを自動起動させてみます。

UbuntuのGNOME環境で、flatpak版Barrierの場合

まず以下のファイルを編集するので、一度ホームにコピーしておきます。

sudo cp /var/lib/flatpak/app/com.github.debauchee.barrier/current/active/files/share/applications/com.github.debauchee.barrier.desktop ~/

ファイルをエディタで開きます。

以下の部分を編集

Exec=flatpak run com.github.debauchee.barrier 

 

移動します。

Jetsonを再起動

TOP


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*