ubuntu 16.04 LTS をUSBメモリからブートする(memo)


用意するもの

A:インストール用USBメモリ

B:本番用USBメモリ(Live USB)

 

AはBにubuntuをインストールするためのものです。2GBの容量でもOKでした。

Bはubuntu 16.04 LTSをインストールしてPCからブートする本体です。16GBか32GBあればいいと思います。

 

Aをフォーマットしておきます。


2つのファイルをダウンロードしておきます。

1:Rufus(ISOイメージファイルを AのUSB メモリに書き込むためのソフトウェア)

2:ubuntu 16.04 LTSのISOイメージファイル

16.04.3をダウンロード、他のISOイメージ(例:リリースナンバー?の付いてないものとか…)だと正常に動作しない場合がありました。

Rufusを起動

Rufusはインストール作業の必要がなく、単体で即起動します。

起動画面

デバイスなどは勝手に検出してくれます。

ISOイメージを選んで、右のボタンをクリックして、ダウンロードしたISOイメージファイルを指定します。

ボリュームラベルはそのファイル名で設定されます。

スタート

完了後、閉じます。

 

 

 

AとB両方のUSBをポートに差して、PCを再起動後、F12キーを押してブートシークエンスを選びます。


AのUSBが起動すると、選択画面になるので、必ずTry Ubuntu without installingを選んでください。

インストール用のubuntuが立ち上がります。

Ubuntu 16.04 LTS のインストールというアイコンをクリック。

インストールの種類は「それ以外」を選択

「続ける」をクリックすると、PCに接続されているドライブを表示

するので、BのUSB(例:/dev/sdcなどのntfs以外のもの)を選んで「+」をクリックしてパーティションを作成します。

swap領域を作る場合は、2GBくらいにしておきます。

つまりUSB容量-2GBがシステム用のサイズ。

利用方法:ext4ジャーナリングファイルシステム

マウントポイント:/

再度パーティションを作成して残りをswap領域にします。

 

OKでインストールを開始します。


終了後、pcを再起動して、最新の状態にする

BIOSのブートシークエンスがUSBからになっていれば、ububtuが起動します。

端末(ターミナル)を開いて以下を実行。

$ sudo apt update

$ sudo apt upgrade

*正常に動作しなかったディストリビューションでは、実はこれが実行できませんでした。

 

 


 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*