NVIDIA Jetson Nano を使ってみる(起動と設定編)


イメージファイル(JetPack)をとってきます。

Download Centerのイメージよりサンプルが多いです(^^)。

 

balenaEtcherなどでMicroSDカードにイメージを焼きます。

イメージファイルのサイズが13GB弱あるので、MicroSDは32GB、Class-10、UHS-I以上が望ましいようです。

焼けたら、MicroSDをスロットに差し込みます(初期のラズパイみたいにカチッと手ごたえがあるまでグッと押しこみます)

MicroSDカードの面と方向はこんな感じ

電源投入してセットアップ開始

使用許諾を承認

言語選択

基本は英語環境のほうがいいようですが、日本語環境も使えます(日本語は最後尾にあります)。ただ、Language Supportの「Applying Changes」でえらく時間がかかります(1時間くらい)。

ここで日本語を選択した場合

不完全な場合があります。起動後再度、設定->言語サポートで残りをインストールしてください。

 

キーボード配列

日本語を選択

タイムゾーン

tokyo

アカウント

ユーザー名とパスワードは必須ですが、最後にLogin Automaticallyを選べば、起動時のパスワード入力の手間が省けます。

システム設定が終了するとデスクトップが表示されます。

 

無事起動すると各種設定を行います。

ただし、ディスプレイが3.5インチくらいに小さいと各種入力や設定値の視認は苦行です。

 

まずはリモートディスクトップを使いたいところです。

一番簡単なのはWindowsのリモートディスクトップ接続のようですが、それでもモジュールのインストールなどは必要。

この辺はSSHで済まします。

割り振られたIPアドレスをしらべます(例:NetEnum)。

SSHで接続します(例:TeraTerm)。

リモートデスクトップ接続に必要なモジュールをインストール

sudo apt-get update
#エディターのインストール(任意)
sudo apt-get install nano
#XRDPのインストール
sudo apt-get install xrdp

#homeディレクトリに移動してxfceをインストールして設定
cd /home
sudo apt-get install xfce4
echo xfce4-session >~/.xsession

#設定ファイルを修正
sudo nano /etc/xrdp/startwm.sh

#以下の2行をコメントアウト
#test -x /etc/X11/Xsession && exec /etc/X11/Xsession
#exec /bin/sh /etc/X11/Xsession
#追加
startxfce4

 

保存して終了

 


Windows側で、スタート->Windowsアクセサリ->リモートデスクトップ接続

上記で設定したユーザー名とパスワードでログインします。

こんな感じ

VNCのようなデスクトップイメージがミラーリングされたものではないですが、ターミナルやネットワーク設定のような必要な機能は使えます。

ただし、アプリケーション(Applications)の「ターミナルエミュレーター(Terminal Emulator)」は使用できません。Jetson側では開いているんですが….。

アプリケーション(Applications)->システム(System)->XTermを使用

XTermでの文字列のコピー・ペーストは例えばこういう風にします。回りくどいです。

文字列をクリップボードにコピー

アプリケーション->アクセサリ->テキストエディターを開く

エディターにクリップボードの内容をペーストしておいて再度これをコピー

XTerm上でマウスのホイールボタンをクリックしてペースト

 

これで十分だと思いますが、それでもGNOMEのデスクトップを使いたいという場合

TigerVNCを使ってみます.

インストール

$sudo apt update
$sudo apt install tigervnc-standalone-server tigervnc-scraping-server
$vncpasswd
2度パスワードを聞いてきます
1回目 通常のログインパスワード
2回目 view-only のパスワード

 

起動

$x0vncserver -display :0 -passwordfile ~/.vnc/passwd

Jetson起動時に使えるようにsystemdに設定すればいいのですが、ちょっと癖があって、Xを使っていない状態で起動しようとすると失敗するそうです。

マウスのダブルクリックでも起動するようにシェルスクリプトを作っておきます。

【vnc.sh】
#!/bin/bash
x0vncserver -display :0 -passwordfile ~/.vnc/passwd

vnc.shに実行権を与えておきます。
chmod a+x vnc.sh

ダブルクリックしても起動しない場合
Nautilus (Filemanager) の設定を変更します。
gsettings set org.gnome.nautilus.preferences executable-text-activation ask

 

これでRealVNC Viewerなどからアクセスできます。

ただ、レスポンスはWindowsのリモートデスクトップ接続の方がいいです。

この2つを併用する意味はあります。

Windowsのリモートデスクトップではログイン用のダイアローグなどは表示されません。

こういう場合、VNCで作業します。通常ターミナルでの作業などはレスポンスのいいWindowsのリモートデスクトップで行います。


Samba設定

$sudo apt-get install samba

ユーザーディレクトリに「公開」フォルダーがあります。

「公開」フォルダーをPublicと改名しておきます

$sudo nano /etc/samba/smb.conf

以下を追加

[jetson]
path = /home/ユーザー名/Public
read only = no
guest ok = yes
public = yes
writable = Yes
browsable = yes
force user = ユーザー名
directory mode = 0774
create mode = 0774

$sudo pdbedit -a ユーザー名

$sudo service smbd restart
$sudo service nmbd restart

$testparm /etc/samba/smb.conf
$smbstatus

 

 


プロセッシング・ユニット(CPU、GPU)のモニター

Jetsonではnvidia-smiが使えませんので、代わりにjetson-statsを使ってみます。

pip3が未だインストールされていない場合

$sudo apt-get install python3-pip

 

インストール
$sudo -H pip3 install jetson-stats

実行
$sudo jtop

こんな感じ、温度もモニターできます。

キーボード、1:ALL、2:GPU、3:CTRL、4:INFO Q:終了

ALLの画面

INFOの画面

 

 


Swapの設定

おまじない(すべてのswapプロセスを解除)

$sudo swapoff -a

swap領域の確保(6GBの場合、通常4か6)

$sudo dd if=/dev/zero of=/swapfile bs=1G count=6

swapとして使うファイルの作成

$sudo mkswap /swapfile

swapファイルをアクティベート

$sudo swapon /swapfile

確認

$grep SwapTotal /proc/meminfo

$free -h

解除と削除

$sudo swapoff -a

$rm  /swapfile

 

恒久的に設定

 

恒久設定の解除

$sudo mv /etc/fstab{.bak,}

 


固定IP設定

SSH接続するにしろリモートデスクトップ接続するにしろ、IPアドレスを固定にしておくと後々何かと便利です。

リモートデスクトップ接続の画面から

アプリケーション(Applications)->設定(Settings)->ネットワーク接続(Network Connections)

 

IPV4設定を選択

方式(Method)は手動(Manual)を選択

以下を追加します

アドレス(Address):お好きなものをどうぞ

ネットマスク(Netmask):通常は255.255.255.0ですがUbtutu18.04からは24で設定(8+8+8+0…?)

ゲートウェイ(Gateway):要調査、通常は192.168.0.1でいいと思います。

DNSサーバーやドメイン検索名は以下で調べられます。

cat /etc/resolv.conf

保存して再起動

 


VNCのScreenのロックやブランクを回避する

 

 


 

Jetson NanoのSDカードを丸ごとハードコピー

 


 

SSH接続で作業時のエラーと対処

apt-get実行時に以下のエラーメッセージ

E: Could not get lock /var/lib/dpkg/lock-frontend – open (11: Resource temporarily unavailable) [duplicate]

対処

sudo rm /var/lib/apt/lists/lock
sudo rm /var/cache/apt/archives/lock
sudo rm /var/lib/dpkg/lock*

 


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*