Ubuntu 18.04 に Google Research Football Environment をセットアップ(2)

Google Research Football Environment(GRF)Windows 10 Pro (64bit) + Docker Desktop + Ubuntu 18.04On Your Computerでセットアップしてみます。

 

 

以前の、Ubuntu 18.04 に Google Research Football Environment をセットアップ(1)ではVirtualBox を介してましたが、こっちのほうがCPUを一杯々々使えるので、ちょっとだけ高速になります。


Docker Desktop for Windows のインストールやUbuntu コンテナーの作成などは

Docker Desktop for Windows を試してみる

をご参照ください。

今回は上記のページで使っている名前(myubuntu)をgrf-ubuntu に変えてやってみます。


PowerShellを起動

Docker HubからUbuntu 18.04のイメージをお借りします。

コンテナーを作成して起動します。

アップデート&アップグレードしておきます。

apt update
apt upgrade -y

セットアップを開始します。

若干アレンジしています。

1.Install required packages

apt install git cmake build-essential libgl1-mesa-dev libsdl2-dev \libsdl2-image-dev libsdl2-ttf-dev libsdl2-gfx-dev libboost-all-dev \libdirectfb-dev libst-dev mesa-utils xvfb x11vnc libsdl-sge-dev python3-pip -y

2b.Installing from sources using GitHub repository

セットアップ完了。

若干Warningらしきものが出ていますが、無問題です。

 

3. Time to play!

GUI表示にX Window Serverを使います。ServerのインストールなどはDocker Desktop for Windows で X Window を使ってGUI表示をご参照ください。

VcXsrv起動時にオプションで「-nowgl」を追加する必要があります。

手順は以下のようにします。

ここで「-nowgl」オプションを追加します。

 

 

gfootball起動

PCのIPアドレスが例えば192.168.0.23だとしてDISPLAYの環境変数を設定して起動します。

サウンドカードが機能していない場合はALSA系のエラーが出ますが、気にしない。

初期画面

しばらくするとGameが開始されます。

終了する場合はPowesrShellのコンソールで、Ctrl + C

Dumpファイルが作成されています。

(football-env) root@a92b286db6e4:/tmp/dumps# ls
episode_done_20201107-214216907708.dump episode_done_20201107-215331195595.dump shutdown_20201107-215105081866.dump
episode_done_20201107-214933642372.dump shutdown_20201107-214248238171.dump shutdown_20201107-215420255553.dump

仮想環境を抜けます。

deactivate

終了。
exit


再起動する場合

X Serverを起動

PowerShellを起動


Next

DockerのマルチCPUアーキテクチャでArm64アーキテクチャに対応したイメージを作成して、Jetson Nano のNVIDIA Docker で動作させてみます。

 


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*