Google VR Viewをnpmビルドして最新版を使う


Google VR Viewライブラリ2.0.2では、以前のようなプレビルトされたものはありません。

ので、npmで作成するようになっています。

でもWindowsでは動かんよと書かれていました(2018/04/05)。

なるほど

共用レンタルサーバーを使う身としては、おいそれとnode.jsを入れるわけにもいきません(サーバーとして使うわけではないにしろ)。

で、WindowsでVirtualBoxにUbuntuを入れて、そこで作ったライブラリを共用レンタルサーバーにアップロードするという回りくどい手を使ってみます。


まず、ubuntuを起動してターミナルからnode.js、npmをインストール。

$ sudo apt-get install -y nodejs npm

次に n package を導入。

$ sudo npm cache clean
$ sudo npm install n -g

n package を使って 最新版node をインストール。

$ sudo n stable
$ sudo ln -sf /usr/local/bin/node /usr/bin/node

最新かどうか、バージョンを確認。

$ node -v
v9.10.1

最初に入れた nodejs, npm は古いので、削除。

$ sudo apt-get purge -y nodejs npm

 


 

Githubからgit cloneします。

$ git clone https://github.com/googlevr/vrview.git

ユーザーディレクトリに勝手にvrviewというディレクトリが作成されてファイルが落ちています。

ここからnpmでビルド実行。

$ cd vrview
$ npm update -g npm
$ npm update -g
$ npm install
$ npm run build

作成されたファイルをFileZillaかなんかで、アップロードします。

レンタルサーバーに新しくvrview/buildというディレクトリを作っておきます。

無料レンタルサーバーの場合、アップロードファイルのサイズが小さめに制限されているものがあります。

レンタル時にはご注意ください

 

アップロード先は、このbuildディレクトリです。


テストしてみます。

以下のサンプル(ZIP)をダウンロードして解凍後全ファイルを、レンタルサーバーのvrviewディレクトリーにアップロード。

これらのファイルはGoogle VR Viewライブラリ2.0.2にあるものをテスト用に再構成したものです。

サンプルファイル

http://<サーバーURL>/vrview/examples/hotspots/index.html

にアクセスして以下のように表示されたらOKです。

再構成したファイルのindex.jsで、2か所のホットスポットの位置を上下に変えてみました。オリジナルと違っているのが分かります。Pitch機能がアップデートされています。

オリジナル

 


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*