Kerasをubuntu 16.04 LTS へインストール


Keras

Tensorflow、CNTK、Theanoをバックエンドにして動作する、深層学習ライブラリです。

ただしTheanoは2017年に開発中止が発表されているので、実質TensorflowかCNTKの2択。

keras -> ディープラーニングアルゴリズムの開発に特化した、Tensorflow、CNTKのラッパーライブラリ(WebGLに対するThree.jsみたいなもん…..当たってる?)。

 

WisteriaHillの実行環境

Windows  7(64Bit) + VirtualBox 5.2.2 + ubuntu 16.04 LTSの構成は以下を参照

ubuntuをVirtualBoxにインストール(memo)

TensorFlow/Caffeをubuntu 16.04 LTS へインストール


インストールはいたって簡単

$ sudo pip3 install keras

$ pip3 list

 

tensorflow,kerasをimportできるか確認

Python3のShellに入って、import実行

OKのようです。

PythonのShellから抜ける場合は,Ctrl + Dキー


Next

数字を分類するニューラルネットワークの実装をやってみるでは深層学習用ライブラリは使っていません。

Keras,Tensorflowを使った場合はどうでしょう?

MNIST、Fashion-MNIST

 


Appendix

Theanoもインストールしておく

theanoは2017年に開発中止がアナウンスされていますがGitHubには残っています。

$ sudo pip3 install git+git://github.com/Theano/Theano.git

$ pip3 list

 

Pyhon3のシェルでtheanoをimportするとBLASを使えというような注意書きが出ます。

BLAS(Basic Linear Algebra Subprograms:線形代数演算ライブラリ)のインストール

$sudo apt-get install libatlas-base-dev
$sudo apt-get install libatlas-doc

$sudo apt-get install libopenblas-base
$sudo apt-get install libopenblas-dev

その他の依存ライブラリ

$sudo apt-get install libprotobuf-dev libleveldb-dev libsnappy-dev libopencv-dev libboost-all-dev libhdf5-serial-dev

$sudo apt-get install libgflags-dev libgoogle-glog-dev liblmdb-dev protobuf-compiler


Appendix2

CNTKのインストール

 


kerasのデフォルトのバックエンドはTensorFlowになっています。

バックエンドを切り替えてみます。設定ファイルはユーザーホームの隠しディレクトリー(.keras)にあるkeras.jsonです。

これを書き換えます。

小文字で、theano,cntk


Appendix3

 

Chainerも入れておこう

GPUを使わない場合は、めちゃ簡単。

$ sudo pip3 install chainer

 

GPUを使う場合は依存ライブラリを入れておく

CUDA

cuDNN

numpyではなくCuPyが使われるのでこれも入れておく

Protocol Buffersを使うやもしれんので、protobufもいれておく

 


 

工事中

 


 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*