TensorFlow/Caffeをubuntu 16.04 LTS へインストール


intelのMovidius NCSはubuntuの環境が要るらしいので作っておきます。

ネイティブではなくVirtualBox上のubuntu 16.04 LTSでもいけるっていう話なので、その環境で。

Windows  7(64Bit) + VirtualBox 5.2.2 + ubuntu 16.04 LTSの構成は以下を参照

ubuntuをVirtualBoxにインストール(memo)

 


TensorFlowインストール

Caffeインストール


TensorFlowインストール

3.xのパッケージ管理のpip3を使ってインストールしてみます。

なければインストールしておきます。

$ sudo apt install python3-pip

インストール
CPU のみなら

$ pip3 install tensorflow
GPU を使う場合

$ pip3 install tensorflow-gpu

 

TensorFlowバージョン確認

$ pip3 list

TensorFlow動作確認

このバージョンのTensorFlowはPython3で動作します。

Python2を使うとtensorflow moduleのimportErrorになります。

python3でshellに入って、hello worldを表示してみます。

 

$ python3
>> import tensorflow as tf
>> hello = tf.constant(‘hello  world’)
>> sess = tf.Session()
>> print(sess.run(hello))
b’hello  world’

>>sess.close()

セッションの後にattentionが出ますが、気にせず続行。

これは、TensorFlow は CPU の拡張命令を使うことができる…….ということのようです。

CPU の拡張命令を有効にするためには TensorFlow をソースコードからコンパイルしてくださいといってるようだけど、今回はパス。

hello worldが表示されます。

 


Caffeインストール

事前に必要ないくつかのパッケージをインストールしておきます。

$ sudo apt install <package name>

<package name>は主に以下の11個

libprotobuf-dev
libleveldb-dev
libsnappy-dev
libopencv-dev
libhdf5-serial-dev
protobuf-compiler
libboost-all-dev
libatlas-base-dev
libgflags-dev
libgoogle-glog-dev
liblmdb-dev

 

caffeのインストール用に本体を取得

$ git clone https://github.com/BVLC/caffe.git
$ cd caffe

Makefile.configファイルを作っておきます。

Makefile.config.example — copy –> Makefile.config

コンパイラにg++-4.6を使うって話がありますが、うちの環境ではもうサポートしてないらしい。
インストール候補なしと言われた。
普通に現バージョンのg++を使います。

Makefile.configを開いて、CPUのみ使うように変更。

このコメントを外す
# CPU_ONLY := 1

makeを実行してみる。

$ make

運よくコンパイラを通ればtestを作って実行して、PASSEDになればCaffeは無事にインストールされています。

$ make test

$make runtest

運の悪い場合は下のエラー修正例を参照してみてください。

 

 


エラー修正

HDF5ファイルフォーマットの部分でエラーになることが多い。

hdf5.hがない場合

Makefile.configに追加してみる

INCLUDE_DIRS := $(PYTHON_INCLUDE) /usr/local/include /usr/include/hdf5/serial/

だめなら探してみる

$ locate hdf5.h

大概opencvをインストールしてたらどこかにあるが
ぜんぜん見つからない場合

$ sudo apt install libhdf5-10

再度、

$ locate hdf5.h

見つかった
/usr/include/hdf5/serial/hdf5.h

以下を実行
$ export CPATH=”/usr/include/hdf5/serial/”

lhdf5_hlがない場合

Makefile.configに追加

LIBRARY_DIRS := $(PYTHON_LIB) /usr/local/lib /usr/lib /usr/lib/x86_64-linux-gnu/hdf5/serial

 


 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*